My Time

トライアスロン in 廿日市

4/24,25に開催された廿日市トライアスロン大会(アジアトライアスロン選手権大会)に観戦、応援に行ってきました!

コロナ渦の中での開催ということで、最善の策を打っての開催だったと思います。

観戦するにも規制がかかり過ぎていてスイムは全く見れないし、エリート選手以外の選手(一般参加の方)はランも沿道から離れたところを走るといったコース設定。

こんな状態での開催でしたのでLIVE中継で同時配信も行っていました。

(最後にライブ配信された動画(パラ選手・エリート選手・エイジ(一般の部)選手)を張り付けておきますので良かったら見てみてください)

現地にいた僕はオフラインとオンラインの両方で観戦してたのでスマホの画面を見ながら目の前の選手も見るというなんだか落ち着かない様子でした ^^;

ですが、開催できただけでもありがたいことですし、選手はもちろん選手の応援に駆け付けた方たちも感謝でいっぱいだったと思います。

てなわけで、今回僕は参加してませんが、観戦・応援の様子をご紹介!

アジア選手権大会を制したのは‘ニナー・ケンジ選手‘

ニナー・ケンジ 選手

トライアスロンをやっている人ってマラソン選手みたいにあまり筋肉が大きくなかったり、細いイメージがあるかもしれませんが、近くでみるとそんなことはありません!

スイム・バイク・ランの3種目をこなすだけの筋肉が必要になってくるので、思っている以上に全身しっかりとしています。陸上競技でいうなら10種目競技の人をイメージしてもらうと分かりやすいかと思います。あの人たち、全身ムキムキでしょ。いろんな種目に対応しないといけないので結果、あんな身体を作り上げることになるんです。

北條 巧 選手
古谷 純平 選手

自分もトライアスロンをやっているだけにトップ選手を間近で見ることが出来たのは嬉しかったと同時にTVや動画では感じれない、味わえない迫力、スピード感、エネルギッシュさが感じられました。

(各選手、写真使用させて頂きました。ありがとうございます。)

翌日の25日には一般の方も参加可能なエイジグループのレースが行われ、今年世界選手権に出場される福元哲郎さん(通称テツロ―さん)とそのお仲間たちの応援にも駆け付けました!

福元さんの公式HPはこちら

ブログはこちら

テツロ―さんとのツーショット

選手の皆さん!本当にお疲れさまでした!そしてお楽しみ様でした!

今大会ではいろんなトラブルがあったようですが、そんなこともトライアスロンのうちのひとつ。

自然の中で行うスポーツだからこそ毎回同じレースはないのです。たとえ同じ大会、コースであったとしても。

でも、そこがまた魅力でもあるトライアスロン。参加される方はどちらかというと30歳オーバーの方が多いですが、もっと若い子たちにも参加してもらい、トライアスロンはもちろん、スポーツをやる楽しさ、自分を磨いていき、変化していく喜びを感じてもらえるキッカケになればいいですね!

【アジアパラトライアスロン選手権 2021 in 廿日市】

【アジアトライアスロン選手権(エリート男女) 2021 in 廿日市】

【アジアトライアスロン選手権(エイジグループ(一般)男女 2021 in 廿日市】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA