LIFE

通勤時間は必要か?【どう生きたいかにも繋がってきます】

皆さんは日々の通勤時間にどれくらい使っていますか?

僕の場合、今は片道約1時間ちょっとといった感じですが、往復で約2時間半。

人によっては片道10分って人もいれば、片道2時間もかけて通勤している人もいるなんて聞いたこともあります。

もちろん、住んでいる場所や勤務先の会社の条件などでそのようにしているんだとは思いますが、1日の中で移動に割く時間ってホントに無駄だなって思います。

例えば、片道1時間と考えると往復2時間。週5日勤務だと1週間で10時間。1ヶ月で40時間。半年で240時間。1年間で480時間。

と、まぁこれぐらいにしておきますが、1年間で480時間=20日を移動時間に割いているということになります。ずーっと電車やバス、車に乗って移動していると考えるとゾっとしますw

その通勤時間をかける理由

これって考えたことありますか?

「実家に住んでいて家賃がかからないから」「会社が交通費全額支給してくれて都心部に出るよりも郊外住んで通勤したほうが安く済む」「街中から離れた場所で暮らしていたいから」etc…

なぜそこに住んで、会社員であればなぜその会社に行って働いているのか?

理由は人それぞれだと思いますが、その理由が明確でない人って結構多いのではないかと思います。

そもそも通勤が必要か

最近はリモートワークが普及してきて会社に出勤しなくても仕事が出来てしまう世の中です。

というより、出勤しなくても出来るというのが浮き彫りになったといった方が正しいかもしれません。

特に都心部で仕事をしている人程この傾向にあるようです。その反面、郊外から都心部への通勤者が減ったので混雑がやや緩和されたというメリットもあるようです。

ただ、パソコン作業のみやそれに近い人はリモートワークで対応できるでしょうが、通勤しないといけない人も中にはいると思います。

通勤時間を有効活用

どうしても通勤せざるを得ない人は電車やバスなどでの移動時間を有効活用しましょう。

例えば、職場での作業を減らす為にパソコンを広げて取り組む。1日の仕事内容や流れを書き出し頭に入れては把握しておく。etc…

仕事に関することに充てる時間にしても良いでしょう。

または、副業や将来の自分のやりたいことに関する書籍を読む。ブログを書く。株やFXの投資関連に割く。etc…

自己投資の時間に割くには有効です。

手に職をつける

そもそも、会社勤務自体が悪いというわけではないですし、それも一つの働き方なので、好きで楽しんでやっているのであれば構いません。ですが、手に職をつければ会社に属す必要もなくなるし、やり方や考え方によっては通勤時間がほぼ掛からない、もしくは無くせることもできるのです。

手に職といっても無数にありますからどれがいいなんて人によります。

例えば、お金関係に興味があるならファイナンスプランナー(FP)や会計士、法律関係に興味があるなら司法書士、人を癒すことや身体に興味があるならセラピスト、などの資格を取得すれば活躍する場も増えますし、独立して自分で収入を得ることも可能になってくるはずです。

また、パソコンが得意な方はプログラミングを学んでプログラマーやシステムエンジニア(SE)として働くことも出来るでしょう。ブログを立ち上げることもいいと思います。

ただ、何をするにしても「好きなものこそ上手なれ」という言葉があるように、自分の好きなこと、得意とすることをしないと結果的に続かないということになってしまいます。

あと、自分は何が向いているのかをはっきりさせておくことは重要かと思います。

自分診断したい方はこちらを参考に⇓⇓

ユーキャンのぴったり講座診断

手に職をつけるメリット・デメリットを以下にまとめてみました。

【メリット】

●通勤時間を短くもしくは無くすことが可能

●会社に雇われなくても自らお金を生み出せる(収入の上限がなくなる)

●人間関係にストレスに悩まなくなる

●自分の好きなことが仕事になる

●時間にゆとりが持てる

●業種は異なれど様々な起業家・経営者に出会える機会が増える⇒ビジネスチャンスが生まれるキッカケに繋がる

etc…

【デメリット】

●収入が不安定

●手に職をつけるまでに時間とお金が掛かる

●手に職を付けたからといってすぐに収入に繋がるものばかりではない

●手に職=高収入ではない(職種ややり方による)

etc…

上記に挙げたように全て書いているわけではないですがメリット・デメリットがあります。

なので、自分はどうしたら納得して楽しい人生が送れるのかを考察していけばいいと思います。

また、収入は職種はもちろん、雇われなのか、自分で起業して行うのかにもよって変わってくると思いますし、特に客商売であれば「損して得取れ」と言われるように時間と手間が掛かってしまうものです。

そのような場合は最低限の生活費を稼ぐ目的で副業をするなどして軌道に乗せていくのも一つの方法でしょう。

まとめ

結論、働き方に正解はないし、会社に勤務することもお金を稼ぐ一つの手段ですから、自分がそれに向いていればそれでいいのです。実際に起業や独立に向かない人も中にはいますので。でも、今の仕事をやっていて何か違和感を感じているのであれば、働き方の問題(本来は起業・独立の方を望んでいるのに起業・独立してない(出来てない)、またはその逆)なのか、職種自体の問題なのか、この2つの大きく分かれると思います。

そんな時のヒントとしては、

自分が小さい頃に好きだったことや無意識にやっていたこと、無我夢中に取り組んでいたことを思い出してみる(書き出すのもいいです)

⇒小さい頃に好きでやっていたことって大人になってからでも意外と変わらないことが多いからです。

両親や祖父母(家系)がやっている(やっていた)仕事を自分事としてみてみる

⇒成功している方々をみてみると、ほとんどの方が同業種やそれに似たような仕事をやっているのに気が付くと思います。人間それぞれ生まれる前から使命を持って生まれてくるからです。自分の人生(運命や使命)に逆らっている時は不思議と上手くいってないものです。そんな人はヒントにしてみるといいですよ!

焦る必要はないですが、人生は有限。無駄な時間を出来るだけ少なくするように意識することで人生の質も変わります。

今回はこの辺で!

Have a good everyday !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA